夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

NPO法人
明日飛子ども自立の里
[福島県]

子供たち・若者が、自信をもって自立できる応援をしています

自信がないばかりに、持ち味を活かして活躍する機会を逃している子供たち、若者が大勢おり、社会に出て行きにくい、仕事に就きづらいなどの辛さを抱えています。そのような子供たちと、「信頼できる人がいて、安心で安全な場所と時間があって、仲間がいて、成長し合えるプログラムがある」環境を創りたいと考えています。そのために、若者が働く牧場づくり、居場所事業、学習支援などの活動を行っています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  •  不登校状態の中学生・高校生(通信制高校を含む)、無職の中卒者・高校中退者等が、夢と希望、自信を持って働けるため、もしくは働く気持ちを持つために、10名程度のグループで4ヶ月のプログラムを3回実施する。
     内容は、①個別面談 ②自己認識プログラム ③コミュニケーションスキル向上プログラム ④個別面談 ⑤仕事体験(地域や連携先の協力を得ながら)などとし、仲間と信頼関係を築きながら、自信、スキル、経験、社会の中の居場所が得られるよう活動する。4ヶ月の活動終了後には、誇りと自信を持って就職活動やアルバイトを開始することを目標とする。
     活動に地域を巻き込むことで、「貧困に対する偏見やイメージを変える」狙いもある。 連携先や地域の参加者(ボランティア等)等に、成果報告を行い現状や課題を広く共有することで、社会的意義を高める。
  • 活動写真牧場就労体験の風景です。牧場に宿泊して、搾乳体験をしたり、仲間と食事を作って食べたり、生活を共にしながら自信を育みます。
団体HP
http://asubi.jp/
(外部サイト)