夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

任意団体
KAKECOMI
[福島県]

「得意なこと」をお手伝いして、みんなで「まかない」を食べよう!

家族との関係上の問題や経済的事情から家庭に居場所がなく、学校でいじめにあい、不登校で学力が低下していた中学生がいました。高校生たちが「勉強教えるよ」と声をかけ、それぞれが得意科目を教え、不登校経験がある高校生が悩み相談に乗りました。少しずつ学習の遅れを取り戻しながら学校に通えるようになり、「高校に行きたい」と思えるようになりました。
子供の貧困の予防ネットとして機能するよう、つながりを維持し、孤立させず、困難に介入できる関係を築き、子供の尊厳を失わない居場所を目指します。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • こども食堂「たべまな(たべよまなぼ)」:18歳以下の子供に夕食を無料提供。子供たちはできること(料理、片づけ、他の子供の学習サポートなど)で貢献し、「まかない」のごはんを食べる。大人は「カンパ(任意の寄付)」で利用可能。15~20時の食事以外の時間も自由に活用可能。高校生・大学生による学習支援を実施。子供たちの「強み」探しと自己肯定感の回復を目指す(毎週月曜)。
  • 活動写真 20名を超えるボランティアが活動を支えています。子供たちは「できること」をお手伝いして「まかない」のごはんを食べます。大人は「カンパ」で、施設の利用ができるシステムです。
団体HP
http://www.kakecomi.org/
(外部サイト)