夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

一般社団法人
青少年自助自立支援機構
[埼玉県]

運転免許を、児童養護施設の退所者に

虐待やネグレクト(育児放棄)、親の死別など、さまざまな理由から児童養護施設で暮らす子供たち。高校卒業後は退所し、経済的援助を期待できる人も少ないなかで、自立して生活しなければなりません。
そこで、高校卒業後に就職を予定している子供たちを対象に、教習所での普通免許取得費用を助成しています。就職活動に生かすことができ、生涯にわたって役立つ運転免許により、子供たちの自立を継続的にサポートしています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 全国の合宿形式の教習所に協力を依頼し、東京、大阪、埼玉、福岡の児童養護施設やファミリーホームの入所者約100名から応募を受け付け、審査の上、支援。
  • 教習所に必要費用を支払い、子供たちには無償で教習枠を提供。
  • 活動写真 利用者からは「この制度がなかったら、免許はあきらめていたと思います。多くの人がサポートをしてくださったことを忘れず、社会人としてしっかり生きていこうと思います」などの言葉をいただいています。
団体HP
http://compass-navi.or.jp/
(外部サイト)