夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

NPO法人
ダイバーシティ工房
[千葉県]

困難を抱える子供が、多様な価値観に出会い、安心して学べるように

困窮家庭の子供や、不登校、発達障害の子供たちが抱える、さまざまな困難。「子ども食堂」「学習支援」を定期的に実施し、解決を目指します。困窮家庭が教員経由で事業の情報を得られるよう、千葉県市川市周辺の小中学校と連携を強めます。
困窮家庭の子供たちが「安心して学び、相談できる場所が身近にある」ことを認識し、「必要な支援へつながれる状態」へ。支援が途切れない体制を構築していきます。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 子ども食堂:日々の困りごとや子育てに対する不安を抱える困窮家庭の親子が、地域の人や資源とつながれる場所、安心して話せる場所を目指す。子供は無料、大人は300円で夕食を提供(3拠点、月4回)。
  • 学習支援:小学4年生~中学生を対象に、小学生は学校の予習・復習(1対1~少人数指導)、中学生は定期テスト対策や進路情報の提供、自立学習のグループ指導。
  • 映画上映会やシンポジウムを開催し、スタッフを募集。スタッフには困窮児童や発達障害に関する知識と、指導方法を身につける研修を実施。

成果報告

  • 子供食堂での夕食または昼食の提供(20回・153名)
  • 子供食堂での学習支援(20回・153名)
  • 映画上映会及びボランティア募集説明会(3回・281名)
  • 活動写真 勉強が終わると、みんなでごはんを食べてコミュニケーションを深めます。学習・進路に関することや、日々の生活のことなど、さまざまな情報交換や相談が行われます。
団体HP
http://diversitykobo.org/
(外部サイト)