夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

一般財団法人
教育支援グローバル基金
[東京都]

児童養護施設に暮らす高校生を対象に、「自らの体験を糧に社会に力を添えることのできる人材」を育成

社会経済的に苦しい環境で育った子供が多い児童養護施設。そうした中で、自らも弱い立場にある人を支援したいと願い、途上国支援や国内での児童養護の活動に関心を持つなど、「自分の経験を糧に、人のため社会のために尽力すること」を志す若者がいます。
そのような人材を全国から発掘し、さまざまな学びの機会を提供。ロールモデルとして活躍する姿を、広く発信していきます。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • <「ビヨンドトゥモロー エンデバー2017」(児童養護施設の高校生を対象とした奨学事業)の実施>
  • 発掘:全国約600ヵ所の児童養護施設から、10名のロールモデルを発掘。
    (1)社会のために尽力すべく進学したいという志
    (2)より広い世界に関心を持ち、視野を広げることへの興味
    を基準に、書類・面接選考。日本全国の児童養護施設に告知を行う。
  • 育成:
    (1)3月オリエンテーション・プログラム:仲間とそれまでの人生や夢を共有。各界のリーダーと出会い、広い視野で社会課題を考え、自分に何ができるか考える。アクションプランを策定する(3泊4日)。
    (2) サマー・リトリート:自分たちが考える、児童養護施設の子供たちをとりまく課題について、フィールドワーク(インタビュー、現場体験など)を行い、実体験に基づく提言を作成し、子供の貧困対策に取り組む政治・行政・ビジネスなどを代表する関係者の前で発表を行う。
    (3) ジャパン未来リーダーズサミット:(1)(2)を経て考えや将来のビジョンの変化、アクションプランを総括。社会人メンターからのアドバイス、具体的な奨学金情報の共有など。
  • 活動写真 3月オリエンテーション・プログラムの期間中、児童養護施設の子供たちが抱える課題について、チームで提言を作成すべくディスカッションを行いました。提言は、同日に開催された東京フォーラムにて、加藤勝信一億総活躍担当大臣などの前で発表しました。
団体HP
http://beyond-tomorrow.org/
(外部サイト)