夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

認定NPO法人
チャイルドライン支援センター
[東京都]

「子供の声に耳を傾ける大人」を増やし、子供が「生きやすい社会」を実現したい

「パパもママもいなくて今夜もひとり。」「お母さんが病気でずっと寝てる。朝ごはんは食べないで学校に行く。」チャイルドラインには毎日、周囲には相談しづらい悩みや、話し相手を求めた多くの子供の声が寄せられます。
これまでチャイルドラインの情報が届いていなかった地域を含め、全国47都道府県に活動を広げ、子供の声を集積・分析し、貧困状況におかれる子供が一人でも少なくなることを目指します。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 番号通知カードの配布:チャイルドラインが届いていない空白地域と呼ばれる7県(山形・茨城・兵庫・香川・佐賀・熊本・沖縄)の小中高生約165万人にチャイルドラインの番号通知用の広報カードを届ける。
  • 子供の貧困に関するデータ分析と提言について検討するプロジェクト会議:チャイルドラインの電話・オンラインで寄せられる子供の声から貧困に関するデータの効果的な収集を検討し、データ集積。特に子供の精神的貧困(心の貧困)改善に向けて可能な支援などを検討、社会に提言する。
  • 活動写真 ボランティアの御協力をいただき、広報カード・活動紹介リーフレットなどの発送準備をしています。
団体HP
http://childline.or.jp/supporter
(外部サイト)