夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

任意団体
学び塾「猫の足あと」
[東京都]

「温かい居場所での学び」から、子供たちの自尊感情と自立心を育む

小中学生の学習支援と、中学3年生への都立高校進学支援、生活困窮の若者の自立支援をしています。さまざまな事情で生きづらさを抱える子供たちが、大人のスタッフや違う学校の子、異年齢の子と交流するなかで、生き生きとした自分を出せるようになってきた時、「居場所ができた」のだと感じます。
「子供のためにできることをしよう」と考える人々をつなげ、広く市民と協働し、子供の貧困対策に具体的に取り組みます。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 無料の学習支援
    - 中3勉強会:毎週月19:00~20:45(夕食を提供)
    - 中学生勉強会:毎週木19:00~20:45(夕食を提供)
    - 小学生宿題クラブ:毎週月・木15:30~17:30(おやつを提供)
  • 学習活動の企画・協力:自主学習会や社会科見学などの企画、他団体への協力。
  • 「猫の足あと」ハウス:児童養護施設退所者や奨学金受給学生など、生活困窮の度合いが高い若者に、安く住居を提供し、食や学びを支援。

成果報告

  • 生活困窮世帯等の児童に対する学習支援:ボランティアが個別指導を行うとともに、食事も提供する(週2回・852名)。
  • 児童養護施設等退所者をはじめとする若者への住居提供及び相談支援(4名)
  • 活動写真 毎週月・木曜日の夜7時から始まる中3勉強会・中学生勉強会は、大学生や若い社会人が教えています。勉強の前には、一緒に夕食を食べて、おしゃべりをします。