夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

認定NPO法人
育て上げネット
[東京都]

「子供・若者支援は社会投資」。支援を通じ、地域を担う若者を育成する

「ご飯は一人で食べて、家事をして、下の子の世話があるから勉強はなかなかできない。」その日常が当たり前だと疑わない子供がいます。「家事の主力となっている」「孤食」など、困難な状況に置かれた子供たちを対象に、食事・学習支援をしています。
対象の子供たちに情報をしっかりと届けて支援につなげ、また、地域の担い手を増やすことを目指し、活動しています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 食事ボランティア・協力企業の募集:子供を安全に飲食店に連れていき、一緒に食事をするボランティアを他団体の協力を得ながら募集。同時に協力店(企業)を開拓し、食材やスペースの提供を依頼。
  • 支援者向け説明会:困難な状況にある支援対象者ほど情報収集が困難であるため、支援対象やその保護者と接する可能性のある支援者に「食事付き学習支援チケット」の仕組み説明やチラシなどを預け、対象者に情報が届くようにする。
  • 食事付き学習支援:支援を必要とする小中高生を対象に、学習前後の時間に食事の時間を設ける。来所の交通費がネックにならぬよう、予算の範囲内で交通費支給パックも用意し、経済事情により支援を受けることを諦めさせないよう取り組む(月8回程度)。
  • 活動写真 自宅では一人で食事をすることが多い子供たちも、クリスマスパーティで楽しいひととき。その他にも、みんなで一緒に楽しめる季節イベントも行っています。
団体HP
https://www.sodateage.net/
(外部サイト)