夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

NPO法人
POPOLO
[静岡県]

全ての人が自己決定の下、安心して暮らせる社会づくりを目指し、他団体と連携

様々な理由で住居を失ってしまった人に、一時的な住居の支援を行い生活指導や就労相談、家計管理・指導を行う「一時生活支援事業」。賞味期限内ではあるが、何らかの理由で処分されてしまう食品を無償で寄贈を受け、生活困窮者等の食品を必要とする人へ無償で提供する「フードバンク事業」。フードバンク事業に関わり、障がいを抱える方が生活に困った方を支えることで、誰かの役に立つことを実感できる環境を整える「就労移行支援・就労継続B型」を実施しています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 生活困窮で苦しんでいる子育て世帯に対して、フードバンクによる食の支援をきっかけに、当事者世帯からのSOSの掘り起こしを行い、行政や、民間の相談窓口の支援につなげていくことを目的に、NPO、ハローワーク、市役所(福祉課以外にも子供に関わる全ての課が参加)、社会福祉協議会、民生児童委員会、幼稚園、保育園、教育委員会、地元企業、農協、町内会、地域団体が連帯し協働で食糧確保、配布、その後の継続支援につなげる事業を実施。
  • 活動写真 「フードバンク事業」ご提供いただいた食品の賞味期限や、包装に破れが無いかなどのチェックをしている様子です。
団体HP
http://npo-popolo.org
(外部サイト)