夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

NPO法人
こどもサポートネットあいち
[愛知県]

自分も周りも、大切にできるように。子供たちの「自立」を支援

社会的養護施設等の退所者のうち、「高校卒業以下で自立」を余儀なくされる約9割の子供たち。そうした子供(貧困家庭の子供も含む。)の「社会的自立」支援のため、給付型奨学金の紹介、申請の支援、職業選択支援をしています。
自己肯定感を持って自立できるように、また相手を尊重できるように、子供の成長を大切に、「孤立しない地域社会の構築」を目指しています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 自立支援相談:生活・進路・就職等に悩みを抱える中高生、社会的養護施設等退所者や地域の困窮学生を対象に、来所相談、メール・電話(時間外も可。)対応。内容によっては臨床発達心理士や社会福祉士など、専門家と連携(週5日)。
  • 居場所事業:中高生、社会的養護施設等退所者、地域の困窮を抱えた児童に、管理栄養士の指導のもと、自立のための食事づくりを練習する機会を提供。食事後は、社会生活勉強会を実施し、先輩の体験談や専門家の話を聞き、自立のための準備や仲間づくりの場として活用(月2回)。
  • 東海3県の社会的養護施設等へのアンケート調査、連携団体とのイベント共催、連携団体などへの後方支援としての訪問支援、大学進学等助成制度説明会、地域の子育てに悩んでいる親子を対象に「キッズおもちゃえほんサロン」の運営。
  • 活動写真 管理栄養士の指導のもと、食事作り。自立した後も自分で食事が作れるよう、管理栄養士に1回毎のレシピを作っていただき、1年分をまとめて、社会的養護施設等を退所する子供に配布します。
団体HP
http://kodomosp.jimdo.com/
(外部サイト)