夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

NPO法人
再非行防止サポートセンター愛知
[愛知県]

「逮捕」から、再非行に走らず「生き直し」へ。一貫して支え続ける。

「誰にとっても悲しく、辛いもの」である少年(少女も含む)の非行。再び非行に走ることなく「生き直し」ができるよう、愛知県内の矯正施設に入院中・出院後の少年を支援しています。
出院後、家庭から見放され自立を余儀なくされる少年たちがいます。彼らに必要なのは、「常に温かく支えてくれる家族のような存在」と、「安心できる居場所」。彼らを信じ、寄り添い、笑顔を増やしていきたいです。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 自立準備ホーム増設:出院後に「戻る家庭がない」「『地元に戻さない方がいい』といわれる」少年たちを受け入れ、社会内での生き直しを目指してサポートする。
  • 少年の暮らしを支える寄り添い相談援助事業:少年院入所中に何度も面会に出向き、信頼関係を築いたスタッフが出院後の少年に寄り添い、必要があれば専門家とも連携し、少年の抱えるさまざまな問題を早期解決に導く。
  • コミュニケーション交流会:サポート中の少年、自立準備ホームで暮らす少年と、家族や支援者、スタッフなどとの家族のような団らんの場(月1回)。
  • 活動写真 「生き直し」のため親元を離れて暮らす少年の部屋に、お母さんが来てくださいました。普段、彼の食事を作る私の家族と共に食卓を囲む中で、心の寂しさに寄り添うことができると考えています。
団体HP
http://saihikouboushi-aichi.jimdo.com/
(外部サイト)