夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする

取組事例取組事例

NPO法人
子どもデザイン教室
[大阪府]

「遊びながら、学ぶ!」 親と暮らせない子供の自己肯定感を高め、生きる力を

「生まれてこんかったらよかった。」これはある日、子供がつぶやいた言葉です。さまざまな事情で親と暮らせない子供たちが、児童養護施設や里親宅で暮らしています。こうした子供たちに「遊びながら学ぶレッスン」を提供しています。
これは、創造力・努力・対話力と、物事を計画して組み立てる習慣を、遊び感覚で会得する、社会体験型デザイン教育です。自立後、自分の人生が設計できる「自分デザイナー」になれるよう、育成しています。

子供の未来応援基金の支援による活動紹介

  • 子どもデザイン教室(月24回、年間288回) :
    - 児童養護施設・里親委託の子供、一般家庭の子供を対象に、1年間を通して自分で企画した商品・サービスを製作・販売する、社会体験型デザイン教育を行う。
    - 子供のステージにあわせた4つのレッスンを実施(幼稚園・保育園児は「造形工作レッスン」、小学生は「グッズデザインレッスン」、中学生は「創造力×対話力レッスン」、高校生は「アルバイト+インターンレッスン」)。企業と連携し、自立資金・学習資金の基金作りもしている。
  • 活動写真 遊びながら学ぶレッスンの中で、子供たちが創作したキャラクターです。ものづくりから販売まで、社会体験型のデザイン教育を行っています。
団体HP
http://www.c0d0e.com/
(外部サイト)