夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

特定非営利活動法人青少年自立援助センター

(トクテイヒエイリカツドウホウジンセイショウネンジリツエンジョセンター)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 田中 宝紀
  • 担当者名(カナ) タナカ イキ
  • 郵便番号 197-0011
  • 住所(都道府県) 東京都
  • 住所(市町村区) 福生市
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 福生2351-1
  • 電話番号 042-552-7400
  • 内線番号
  • FAX番号
  • HPアドレス http://kodomo-nihongo.com
  • 受賞歴
  • 登録日 2015年10月1日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 専門的日本語教育・学習支援で外国にルーツを持つ子どもをサポート!
  • 支援対象 小学生、小学生(低学年)、小学生(中学年)、小学生(高学年)、中学生、高校生、高等学校中退者
  • 支援要請メニュー 学習支援、就業、就労関連
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 全国
  • 団体紹介 1977年、前進である私塾「タメ塾」を発足して以来、1999年NPO法人化を経て長きに渡って困難を有する子ども・若者の自立と就労をサポートしてきたNPO法人青少年自立援助センターが、2010年度より立ち上げた新たな事業です。日本語や文化の壁、いじめや差別で学校に通ったり、勉強についていくことが難しい外国にルーツを持つ子どもたちの、就学・学校復帰、高校進学をサポートしています。
    発足より5年間で、東京都内外より5歳~20代までの、18カ国にルーツを持つ400名の子どもたちを受け入れ、支援してきました。
  • 支援方法 月曜日~土曜日の9時30分~19時まで、日本語、小学生~中学生学習支援、高校進学支援クラスを実施しています。また、多文化コーディネーターと呼ばれるスタッフが、学校と外国人保護者の間のコミュニケーションを助けたり、子ども家庭支援センター等関係諸機関と連携して必要な支援につなぐなど、外国にルーツを持つ子どもたちの周辺環境に働きかけることで、子どもたちが適切な教育機会を得られるよう支援しています。
    また、外国人保護者や子ども本人の教育相談支援の他、外国にルーツを持つ子どもたちを受け入れする学校教職員・教育関係諸機関担当者からの相談を受け付け、公的機関によるこうした子どもたちの受け入れを促進しています。
  • 支援要請に向けた特記事項 外国にルーツを持つ子どもたちの教育機会は、自治体により大きな格差があり、中にはボランティアによる支援さえ受けられずに放置されている子どもも存在します。
    外国人保護者の不安定な就労状況の中で困窮し、月謝が負担できずに支援が受けられない子どもたちが多数存在しており、クラウドファンディング等を通じて無償枠の創出を行っていますが、まだ足りていない状況です。
    1人あたり約20万円で、子どもの日本語教育専門家による支援をフルタイムで1年間提供できます。適切な教育機会を提供することで、子どもたちの多くが母語と日本語を操るバイリンガルとして、貧困から飛び出し、未来の日本社会を支える力となる可能性を秘めています。
  • 団体の所属スタッフ人数 6名~10名
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 YSCグローバル・スクール
  • 活動期間
  • 支援メニュー 学習支援
  • 活動紹介 外国にルーツを持つ5歳~高校進学を目指す若者が、専門の先生と日本語を学んだり、学校の勉強に必要な日本語を理解するための教科学習支援プログラムを受講しています。
    最近、クラウドファンディングで18名分の無償枠を創出することに成功し、外国人ひとり親家庭、貧困世帯に暮らす外国にルーツを持つ子どもたちに質の高い教育機会を提供することで、日本国内で貧困の悪循環が継承される事態を予防しています。
    更新日:2018年6月11日

特定非営利活動法人青少年自立援助センターへの評価

まだ評価がありません。