夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

ハーフタイム

(ハーフタイム)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 石原 啓子
  • 担当者名(カナ) イシハラ ケイコ
  • 郵便番号 125-0054
  • 住所(都道府県) 東京都
  • 住所(市町村区) 葛飾区
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 高砂7丁目25番19号
  • 電話番号 090-5763-5444
  • 内線番号
  • FAX番号 03-5660-0936
  • HPアドレス http://halftime2010.wixsite.com/halftime
  • 受賞歴
  • 登録日 2017年5月27日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ さまざまな生きづらさを抱えた子どもたちへの寄り添い・居場所の提供
  • 支援対象 小学生、小学生(低学年)、小学生(中学年)、小学生(高学年)、中学生、高校生、大学生、専修学校生、高等専門学校、特別支援学校、高等学校中退者
  • 支援要請メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、場所・施設の提供、車両、運搬の協力
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 関東地方
  • 団体紹介 地域の各種の関係機関のほか、学習支援団体や子ども食堂など各種の民間団体とも連携しながら、葛飾区内の公共施設などを利用して、子どもたちにとって家でも学校でもない「第三の居場所」となるような「たまり場」づくりを行っています。この「たまり場」でさまざまなお話をする、相談に乗る、遊ぶ、といった子どもへの寄り添いを通して子どもに基本的な安心感、自己肯定感、やりたいこと・夢を見つける力、そして自立する力・やり抜く力などをもってもらえるような関わりを行っています。
  • 支援方法 主に大学生が中心となって活動を行っています。たまり場は葛飾区内の金町地域と立石地域の2つに拠点があり、金町拠点では毎週水曜、立石拠点では毎週月曜に活動しています。また、月一回程度のイベントの開催、子どもの学校行事の応援・参観や、子どもと一緒に上級学校(高校、短大、専門学校等)の見学に行ったり、文化施設に行ったりもしています。そしてさまざまな事情でたまり場にも通えない子どもに対しては定期的に自宅等を訪問する、あるいは進路相談や悩み相談など個別の寄り添いが必要になった際に拠点とは別の日時・場所に個別に会って相談に乗るなど、子ども一人ひとりの状況・希望に合わせた寄り添い活動も行っています。
  • 支援要請に向けた特記事項 ご支援いただきたい内容
    食料の提供…長期保存可能なもので、飲み物・おかし・缶詰など
    物品の提供…パソコン、文房具、自転車一台、各種ボードゲーム
    場所・施設の提供…スタッフの事務及び打ち合わせのほか、何かあった際に子どもも立ち寄れるような事務所の開設を目指しており、可能であればJR金町駅・京成高砂駅付近の物件(アパート・一軒家など形態不問)
  • 団体の所属スタッフ人数 31名以上
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 餃子パーティ
  • 活動期間 2017年5月~
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、場所・施設の提供、相談、その他
  • 活動紹介 今回のレクは新年度が始まって1ヶ月ということで、高校進学をした子の学校・部活の近況報告や学校や部活で疲れた気持ちの息抜きも兼ねて行いました。当日は子ども9名、大学生5名、社会人11名の計25名のメンバーで、地元のこども食堂のスタッフの方にもお手伝いいただきながら、手作り餃子や麻婆茄子などみんなで楽しく調理する機会をつくることができました。また、料理後は室内で遊ぶ組と近くの公園で遊ぶ組に分かれ、自由に過ごしました。時間の都合で普段たまり場活動に来られない子どもや社会人の会員も集まり、とても和気あいあいとした、楽しいイベントを開催することができました!
    更新日:2018年6月12日

ハーフタイムへの評価

まだ評価がありません。