夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
未来と子供をつなぐサイト - 団体と企業の交流

NPO法人いるかねっと

(エヌピーオーホウジンイルカネット)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 田口 吾郎
  • 担当者名(カナ) タグチ ゴロウ
  • 郵便番号 819-0054
  • 住所(都道府県) 福岡県
  • 住所(市町村区) 福岡市西区
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 上山門1-3-27
  • 電話番号 092-407-8760
  • 内線番号
  • FAX番号 092-407-8667
  • HPアドレス http://npo-irukanet.com
  • 受賞歴
  • 登録日 2017年7月5日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ ミッション:本当に困っている人のために活動し、我々の行動によって笑顔をもたらす
  • 支援対象 小学生、中学生、高校生、母、父
  • 支援要請メニュー 学習支援、食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 九州・沖縄地方
  • 団体紹介 弊団体代表の田口は、自身が大学生の時に、地元である市営団地から「大学進学者が一人もいない」ということに大きな疑問をもちました。その後、企業や被災地でのボランティア活動をへて、地元に戻り、親族の会社で働く中で、市営団地に暮らすひとり親家庭と接する機会が増え、「子どもの将来へのあきらめ」を耳にする事が多く、貧困の連鎖解消のための学習支援事業の必要性を痛感し、自治会、公民館長、民生委員会とともにマナビバ運営委員会を設立、現在に至ります。
  • 支援方法 困窮家庭では教育にお金をかけることが出来ず、子ども達の学力は低迷しがちです。その結果、子ども達は、格差を実感し、進学を諦めるなど、将来に夢や希望を持つことができません。その状況を改善するために、現在の事業を継続しながら福岡市内のほぼすべての中学3年生が通所できる地域にマナビバを創り、1教室15人、13か所の学習支援事業を行っています。
  • 支援要請に向けた特記事項 現在は、この4月から既存2か所より福岡市内10か所で無料学習会を展開しています。
    またこの2か月で新たに7か所を設立する予定です。助成を頂きながら課題を解決すべく活動を実施しておりますが、独自事業であるため資金面の問題、人員の問題、物資の問題など団体運営面での課題は多いです。私たちはあらゆる支援を「こどもの貧困という言葉自体を無くす」ために求めています。
  • 団体の所属スタッフ人数 31名以上
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 福岡市全域における困窮連鎖解消のための無料学習会マナビバ拡大project
  • 活動期間 2017年4月~
  • 支援メニュー 学習支援、食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈
  • 活動紹介 困窮家庭では教育にお金をかけることが出来ず、子ども達の学力は低迷しがちです。その結果、子ども達は、格差を実感し、進学を諦めるなど、将来に夢や希望を持つことができません。その状況を改善するために、現在の事業を継続しながら福岡市内のほぼすべての中学3年生が通所できる地域にマナビバをつくり、1教室15人、13か所の学習支援事業を行っています。
    更新日:2017年8月21日

NPO法人いるかねっとへの評価

まだ評価がありません。