夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
未来と子供をつなぐサイト - 団体と企業の交流

はっぴーオーガニックファーム

(ハッピーオーガニックファーム)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 坂本 志麻
  • 担当者名(カナ) サカモト シマ
  • 郵便番号 894-1205
  • 住所(都道府県) 鹿児島県
  • 住所(市町村区) 奄美市
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 住用町役勝123
  • 電話番号 080-6452-4704
  • 内線番号
  • FAX番号 099-769-2170
  • HPアドレス http://www2.hp-ez.com/hp/shima/page1
  • 受賞歴
  • 登録日 2015年10月15日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 動物の癒しの力と自然のめぐみで子供たちに笑顔を
  • 支援対象 就学前の子供、小学生、小学生(低学年)、小学生(中学年)、小学生(高学年)、中学生、高校生、特別支援学校、対象制限なし
  • 支援要請メニュー 体育/運動支援、食糧の提供、又は食料の寄贈、衣類の提供、又は衣類の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、ボランティアの派遣、車両、運搬の協力、その他
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 九州・沖縄地方
  • 団体紹介 奄美大島で、アニマルセラピーを行う、ホームステイができる農場です。こどものための居場所。 動物や自然のかかわりを通じて、つかれた羽を休め、心が元気になるようにします。。一緒にご飯やおやつを食べたり、くっきーやパンを手作りしたりします。農作業や動物の世話、野外活動などのプログラムを行い、子供達の行動や情緒の安定を図ります。人と動物の絆(ヒューマンアニマルボンド)を、子供達の教育に活かし、子どもたちが前向きに歩めるようサポートをします。
  • 支援方法 子供たちに、心をこめて対応し、凍りついた心をとかす。アニマルセラピー。自然体験(川遊び、えびとり。うなぎとり。リュウキュウアユ観察。マングローブ遊び。つり。火遊び。ガジュマロのぼり。海で熱帯魚探しや海がめ観察。泳ぎ)食育(山羊の乳絞りから、ヨーグルト作り。にわとりさばき。さかなさばき。)宿泊・滞在。保護者の方や不登校、心に傷を持ったこどもの相談。
  • 支援要請に向けた特記事項 動物のお世話と子供たちのお世話、そして果樹ガーデンで手が足りません。くつろぎの場の整備をしたいです。ツリーハウスやターザン遊びの場も作りたいです。芝生もつくり、草食動物が放牧しながらエサが食べれるようにしたいです。果樹の木や野菜をもっともっと植えて、こどもたちが自分でとって食べれるように、植樹もしたいです。
  • 団体の所属スタッフ人数 5名未満
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 アニマルセラピー
  • 活動期間 2015年1月~2020年12月
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、その他
  • 活動紹介 ポニー、ミニチュアホース、山羊、羊、七面鳥、鶏、うさぎ、モルモットなど、動物たちと過ごすことができます。いろんな事情のあり、居場所が必要な子供を受け入れています。利用は無料です
    更新日:2016年7月30日

はっぴーオーガニックファームへの評価

まだ評価がありません。