夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

特定非営利活動法人フードバンク山梨

(トクテイヒエイリカツドウホウジンフードバンクヤマナシ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 米山 広明
  • 担当者名(カナ) ヨネヤマ ヒロアキ
  • 郵便番号 400-0214
  • 住所(都道府県) 山梨県
  • 住所(市町村区) 南アルプス市
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 百々3697-2
  • 電話番号 055-298-4844
  • 内線番号
  • FAX番号 055-298-4885
  • HPアドレス http://www.fbyama.com
  • 受賞歴
  • 登録日 2015年10月21日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 誰もが食をわかちあえる社会のために
  • 支援対象 対象制限なし
  • 支援要請メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、ボランティアの派遣、知的資産の提供
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 全国
  • 団体紹介 フードバンク山梨は、2009年からNPO法人として活動を始めました。企業や一般市民などから寄付としていただいた食品を、児童養護施設や生活困窮者世帯に無償で提供する「フードバンク」活動を軸とした活動を行っています。活動の中でも、49の行政や社会福祉協議会、民間支援団体と連携確約書を締結し、子どものいる世帯を含む生活困窮者世帯に食品をお届けする「食のセーフティネット事業」を全国に先駆けて実施しています。現在は、活動を続ける中で浮き彫りになった「子どもの貧困」問題に取り組み、食料支援とともに、見え難い「子どもの貧困」の実態を把握することにも努めています。
  • 支援方法 フードバンク山梨では、児童養護施設への食品配送のほか行政(福祉課、子育て支援課など)や社会福祉協議会、民間団体から生活困窮世帯の情報(住所、氏名、世帯の状況など)を、当事者の了承を得た上で提供を受け、それを基に企業や市民の皆様から寄付いただいた食品を箱詰めし、配送しています。
     配送する食品には無料で投函できる返信はがきを同封しているため、支援世帯の詳細な状況を把握することができます。世帯の状況を把握した上で食品を用意することができるため、必要に応じて乳幼児向けのミルクや離乳食なども提供することができます。この情報を連携している機関と共有することで、より効果的な支援を実施することができます。
  • 支援要請に向けた特記事項 食品のご寄贈に関して
    ・賞味期限が1ヶ月以上あり、冷凍・冷蔵での保管の必要がないものをお願いしております。
    ・食品管理の関係上、現在お米、お野菜のご寄贈は受け付けておりません。

    知的資産のご提供に関しましては、活動継続のため、下記の項目に関する専門家の方のご派遣をお願いいたします。
    ・マネジメント
    ・マーケティング
    ・ホームページの改善

    まずは事務局までお問い合わせください。
  • 団体の所属スタッフ人数 11名~20名
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 「フードバンクこども支援プロジェクト」
  • 活動期間 2015年8月
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈
  • 活動紹介 フードバンク山梨が支援をした子どものいる世帯を調査した結果、76%が1人1食120円の食費で生活していることがわかりました。このような状況の子ども達は、成長に必要な食物を学校での給食に頼らざるを得ません。しかし、夏休みには給食を食べることができないため、夏休みに子どもの体重が減った、など声が聞かれ、家庭でも食費の増加が家計を圧迫し、より深刻な状況に陥ることがあります。そのため夏休み期間中である8月の毎週、食品をお届けする「フードバンクこども支援プロジェクト」を実施しました。最終的に母子家庭を含む127世帯にのべ609回の食品配送を行い、288人の子どもに合計6.7トンの食品を提供しました。
    更新日:2016年8月4日

特定非営利活動法人フードバンク山梨への評価

まだ評価がありません。