夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
未来と子供をつなぐサイト - 団体と企業の交流

特定非営利活動法人 社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこ

(トクヒ)シャカイテキヨウゴノトウジシャサンカスイシンダンタイ ヒナタボッコ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 渡井 隆行
  • 担当者名(カナ) ワタイ タカユキ
  • 郵便番号 113-0022
  • 住所(都道府県) 東京都
  • 住所(市町村区) 文京区
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 千駄木4-23-19 光和コーポ201
  • 電話番号 03-5834-7433
  • 内線番号
  • FAX番号 03-5834-7433
  • HPアドレス http://hinatabokko2006.com
  • 受賞歴
  • 登録日 2015年11月9日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 「社会的養護の当事者の社会参加」を目指し、多様な人々と一緒に活動する。
  • 支援対象 中学生、高校生、大学生、専修学校生、高等専門学校、高等学校中退者、児童養護施設入居者、その他
  • 支援要請メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、衣類の提供、又は衣類の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、場所・施設の提供、車両、運搬の協力、相談、就業、就労関連
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 関東地方
  • 団体紹介 2006年3月に社会的養護の当事者たちが「施設を退所した人たちが、孤独を感じなくていいよう、施設で生活していた人たちのネットワークを作りたい」という志のもと、定期的に勉強会や座談会を重ね、2007年より「日向ぼっこサロン」の運営を開始し、くつろぎながら仲間と日々の喜怒哀楽を分かち合い「ここに居ていいんだ」と感じていただける居場所を目指しています。又、必要に応じて個別の相談やサポートを行い、当事者の方々や社会的養護を必要としながら、社会的養護を受けられなかった方々の声を集め、「日向ぼっこ通信」や講演会などで発信しています。2008年7月に法人格を取得しました。
  • 支援方法 職員は各自PHSを所持し、勤務時間以外でもできるだけ相談に応じられること、緊急の際の対応も可能になるようにしています。又、金銭的支援・物質的支援も必要に応じて行っています。
  • 支援要請に向けた特記事項 各種イベントを開催しています。例えば、子ども達が主体となって実施するサロンを毎月開催したり、毎年夏には、様々な施設や里親の子ども達が集まり、進路や自立について自由に語り合いイベントを開催しています。さらに、社会に出て行く子ども達に自立のための物質的支援も行なっています。
  • 団体の所属スタッフ人数 5名未満
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 「ことな」の語り場・「ことな」サロン・もぐもぐサロン等
  • 活動期間 2015年1月~2020年12月
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、衣類の提供、又は衣類の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、場所・施設の提供、相談
  • 活動紹介 「日向ぼっこサロン」を運営し、くつろぎながら仲間と日々の喜怒哀楽を分かち合い「ここに居ていいんだ」と感じていただける居場所を提供しています。又、必要に応じて個別の相談やサポートを行い、当事者の方々や社会的養護を必要としながら、社会的養護を受けられなかった方々の声を集め、「日向ぼっこ通信」や講演会などで発信しています。
    更新日:2016年8月9日

特定非営利活動法人 社会的養護の当事者参加推進団体 日向ぼっこへの評価

まだ評価がありません。