夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

NPO法人やんちゃまファミリーWITH

(エヌピーオーヤンチャマファミリーウィズ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:1

プロフィール情報

  • 担当者名 田崎 由佳
  • 担当者名(カナ) タサキ ユカ
  • 郵便番号 580-0034
  • 住所(都道府県) 大阪府
  • 住所(市町村区) 松原市
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 天美西3-7-4
  • 電話番号 072-331-3620
  • 内線番号
  • FAX番号 072-331-3620
  • HPアドレス http://yanchama.net/
  • 受賞歴
  • 登録日 2016年3月26日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 地域全体で子どもの孤食・貧困問題を救う居場所つくりプロジェクト
  • 支援対象 就学前の子供、中学生、高校生、母、父、その他
  • 支援要請メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 関西地方
  • 団体紹介 支援対象者 孤食や生活困窮家庭の子どもと親等
    子どもにまつわる色々な問題の一つに「孤食・貧困問題」があげられる。まずは居場所づくりを当法人だけではなく、行政や福祉関係団体、ボランティア、地域の方々と一緒に、この問題や子どもを取り巻く環境を真剣に考えていく。関わり方や背景にある問題を受け止め、今までの経験やノウハウを活かし、子どもに寄り添える場の環境を作っていく。松原市内初の事業になる事でモデルとして今後継続できるよう、それぞれの役割制をしっかり確立し、市内各地域に展開していきたいと考える。
  • 支援方法 子どもの居場所づくりとして、当法人の運営する施設を使う。生活困窮者の親子や該当する子どもたちには、行政を通じて情報を伝えたり、啓発をしていく。時間は18時~20時の2時間。月1回最後の週の木曜日。開場から1時間は夕食。その後は団欒(遊び、宿題など)。利用者は約10名スタッフは約20名とし、一人の子どもに対して一人が対応できるようにしている。
    <運営方法>
    食材 :  フードバンク、地域、商店街などから提供。
    調理 :  法人スタッフ、ボランティアなどの調理協力者。
    団欒 :  教員ボランテイアによるゲームや団らん
    スタッフ : 安全管理と月1回の定例会議(振り返りや課題など報告と改善)をしている。
  • 支援要請に向けた特記事項 食材等近隣商店街のお店や市内の企業の方々に提供していただいたり、福祉関係団体よりNPO法人ふーどばんくさんにお願いしたりして食材を 調達しているが、まだまだ不足しているので、野菜、肉、魚、調味料等調理器具など炊飯器、鍋、フライパン等をお願いしたいとおもいます。
  • 団体の所属スタッフ人数 11名~20名
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 こども食堂
  • 活動期間 2015年12月~2017年3月
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、場所・施設の提供
  • 活動紹介 こども食堂
    第1回目 2016.12.10 お好み焼き 第2回目2016.1・28たこ焼き 第3回目2016.2.25やきそば
    第4回目 2016.3.24 カレー の4回を行った。
    2016.4.28からグランドオープンにて毎月1回の定着。
    更新日:2016年5月19日

NPO法人やんちゃまファミリーWITHへの評価

まだ評価がありません。