夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

一般社団法人 コラボライフ

(イッパンシャダンホウジン コラボライフ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 吉岡 秀記
  • 担当者名(カナ) ヨシオカ ヒデキ
  • 郵便番号 274-0824
  • 住所(都道府県) 千葉県
  • 住所(市町村区) 船橋市
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 前原東2-19-2岡本歯科ビル3F
  • 電話番号 047-767-9776
  • 内線番号
  • FAX番号 020-4667-8257
  • HPアドレス http://www.rindows.jp/
  • 受賞歴
  • 登録日 2016年6月14日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 凛童舎プロジェクト「ライフステージをコラボしよう!」「子育てを通じて地縁を紡ぐ」
  • 支援対象 就学前の子供、小学生、小学生(低学年)、小学生(中学年)、小学生(高学年)、母、父
  • 支援要請メニュー 学習支援、食糧の提供、又は食料の寄贈、衣類の提供、又は衣類の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、ボランティアの派遣、車両、運搬の協力、その他
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 関東地方
  • 団体紹介 「ライフステージをコラボしよう!」をスローガンに、今の子ども達が支える20年後の日本を、異世代が支えあう共助社会にしておいてやることを目指した団体です。子ども達が異世代をつなぐハブになるとの思いで学童保育園「キッズコミュニティ凛童舎」の運営を中心に据え、スタッフには地域の多世代ボランティアを採用。さらに、子ども達の帰ってくる以前の時間帯はコミュニティカフェとして地域に開放。乳幼児を連れたママさん方やシニアの交流の場としており、子ども古着や古本の販売も行っています。また、月1回、凛童舎シニア&子ども食堂を、毎週土曜日には、無料学習支援塾「学凛堂」を実施。地域のすべての人の居場所を目指しています。
  • 支援方法 公設学童保育は、安価ですが広さ1.65㎡/人と狭く、かつ規模が50人超もざらで、結果子ども達を管理的扱わざるを得ず、好奇心や奔放さを阻害しているのが現状です。一方、営利の学童保育は高額を取る目的で、様々のプログラムを子ども達に与え、結果、同様に子ども達を型にはめています。このままでは「指示待ち人間」ばかりの社会になります。一方、子ども達の担う社会の方は、高齢者福祉で資金も人でも足らない難問多き社会です。凛童舎プロジェクトは、子ども達の自律的力量(問題解決力)と、未来社会の「支えやすさ」を同時に増進するこの施策を、実証を持って提示し、採用希望者にオープンソースとして提供し広めるのが最終目標です。
  • 支援要請に向けた特記事項 学童保育や学習支援塾のボランティアのほか、車送迎や事務作業のボランティアも募集中です。電子文書・チラシ作り、会計作業など遠隔でできる支援も大歓迎。物品では、子ども食堂の食材の寄贈、コミュニティカフェで販売する子ども古着や、古本、学童保育の子ども達用の中古のボードゲームや書籍、図鑑などの寄贈も希望します。
  • 団体の所属スタッフ人数 11名~20名
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 凛童舎シニア&子ども食堂
  • 活動期間 2016年4月~2017年3月
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、ボランティアの派遣、車両、運搬の協力
  • 活動紹介 凛童舎の学童保育利用料が公設学童保育より高額になってしまうことから、無料で来られる時間帯を作ることと、地域のシニアの孤食、子どもの貧困、子どもの孤立を同時に解決しつつ地域の絆再生の場とするため、まずは月1回のペースでシニア&子ども食堂を開始。出来る限り早く週1回ペースに頻度を上げていく予定です。来年度には、スタッフを何チーム化に分けて週複数回実施を目指しています。実施日:4/22,5/27 今後の予定:6/17,7/29,8/26
    更新日:2016年8月5日

一般社団法人 コラボライフへの評価

まだ評価がありません。