夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

一般社団法人青少年自助自立支援機構

(イッパンシャダンホウジンセイショウネンジジョジリツシエンキコウ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 高橋 多佳子
  • 担当者名(カナ) タカハシ タカコ
  • 郵便番号 330-0062
  • 住所(都道府県) 埼玉県
  • 住所(市町村区) さいたま市浦和区
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 仲町1-12-1カタヤマビル1階
  • 電話番号 048-815-4111
  • 内線番号 111
  • FAX番号 048-815-4112
  • HPアドレス http://www.compass-navi.or.jp
  • 受賞歴
  • 登録日 2015年10月6日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 児童養護施設から社会に巣立つ若者に運転免許取得を支援する活動を行っています。
  • 支援対象 児童養護施設入居者
  • 支援要請メニュー その他
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 全国
  • 団体紹介 自動車教習所紹介サービスの㈱インター・アート・コミッティーズ(※)は企業CSRの一環として、児童擁護施設退所者に運転免許取得費用の全額助成を行い平成26年度には埼玉県下の施設で暮らす高校3年生29名に助成。公的な身分証明でもある運転免許証があれば就職の幅が広がり、経済的な自立につながる。県内外の企業に広く賛同を募るため、代表皆川充は平成27年1月「一般社団法人青少年自助自立支援機構」を設立した。(※IACと略称)
  • 支援方法 平成27年度は社団所在地の埼玉県下の児童養護施設の高校3年生50名の取得を目標として社団の活動初年度として出発しました。8月県内の児童養護施設に案内を出し、9月施設代表者から取得希望者の調査票を提出いただきました。就職希望者を優先的に助成します。10月に取得希望者全員と面談をして約束事などの確認作業。28年3月、指定された合宿教習所に入校し約2週間で取得を目指します。また社団の活動を広報誌「COMPASS naviマガジン」にて紹介。いじめなど若者を取り巻く課題、子どもの貧困、SSW、部活動の紹介などを掲載した雑誌を10月に創刊。首都圏3万6千部・関西圏2万部の中学高校に配布しました。
  • 支援要請に向けた特記事項 公的な措置費を差し引いて約26万円が1人の免許取得にかかる経費です。ご支援いただける企業様におかれてましては、「何人の子どもの免許取得を支援できる」というご理解に立っていただけるとありがたいです。2020年までに、施設を退所する全国の約1000人の高校3年生が運転免許を取得できるように仕組みを作っていきます。また社団の活動は広報誌「COMPASS naviマガジン」にて紹介していきます。
  • 団体の所属スタッフ人数 6名~10名
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 平成26年度母体会社㈱IACが埼玉県下の児童擁護施設の高校3年29名に全額助成。
  • 活動期間
  • 支援メニュー その他
  • 活動紹介 平成26年度は母体会社㈱IACが埼玉県下の児童養護施設の高校3年生29名の運転免許取得を実現しました。8月埼玉県内の児童養護施設に案内を出し、9月施設代表者から運転免許取得希望者の調査票を提出いただきました。就職希望者を優先的に助成していきます。10月に取得希望者全員と面談をして約束事などの確認作業をしていきます。27年3月、指定された合宿教習所に入校し約2週間で取得を目指しました。
    更新日:2015年10月6日

一般社団法人青少年自助自立支援機構への評価

まだ評価がありません。