夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

認定特定非営利活動法人フードバンク関西

(ニンテイトクテイヒエイリカツドウホウジンフードバンクカンサイ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 浅葉 めぐみ
  • 担当者名(カナ) アサバ メグミ
  • 郵便番号 659-0051
  • 住所(都道府県) 兵庫県
  • 住所(市町村区) 芦屋市
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 呉川町1-15
  • 電話番号 079-734-8330
  • 内線番号
  • FAX番号 079-734-8330
  • HPアドレス http://foodbankkansai.org/
  • 受賞歴
  • 登録日 2016年8月4日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 余った食べ物を預かって、必要なところに届けます。
  • 支援対象 就学前の子供、小学生、中学生、高校生、特別支援学校、児童養護施設入居者、母、父
  • 支援要請メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 関西地方
  • 団体紹介 2003年4月から活動を開始したフードバンク活動を行うNPOです。食品関連企業や個人から、商品としては扱えないが食べ物としては問題のない食品、家庭で使いきれなかった食品の寄贈を受け、支援を必要とする人達を支える団体に運び、無償で分配しています。年間取扱量は180トン程度で、ボランテイア約60人で作業を分担しています。児童養護施設、母子生活支援施設等の福祉施設への月1~3回の食品配送、行政からの支援要請に応える形で一時的に困窮状態に陥った一般市民への緊急食支援、他のNPOと協働しての貧困の中で子育てを頑張る母子家庭への宅配を利用した月1回の食支援、子ども食堂への食材支援をしています。
  • 支援方法 食品関連企業から余剰食品を回収し、事務所で検品仕分け作業を行った後、兵庫県内、大阪市内にある児童養護施設等11団体、母子生活支援施設やDVシェルター等16か所、子ども食堂運営団体5か所、青少年更生施設3か所を含む97の福祉施設に月1~3回の定期的食支援を、ボランテイアが食糧をデリバリーする形で実施しています。貧困母子家庭への支援は他の3NPOとの協働して、相談事業、衣料支援、食支援を分担し、当法人は食支援を担って月1回宅配便を利用して対象家庭に直接食糧を届けています。平成28年4月以降、支援対象世帯は38世帯になり、今後も増加する見通しです。
  • 支援要請に向けた特記事項 支援を必要とする人達への食支援で最も必要な食材が、主食、主菜、副菜となる食品類です。子ども達でも食事を準備できるレトルト食品、缶詰類の需要が大きいのですが、供給が伴っていません。このマッチングサイトでは、上記の食品類を提供してくださる支援企業とのマッチングを期待しています。当法人は認定NPO法人ですので、商品価値の高い食品の寄贈の場合は、その評価額に対し、企業の限度額以内において損金算入の扱いができます。
  • 団体の所属スタッフ人数 31名以上
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 こども元気ネットワーク関西
  • 活動期間 2015年4月~2017年3月
  • 支援メニュー 学習支援、食糧の提供、又は食料の寄贈、衣類の提供、又は衣類の寄贈、相談、就業、就労関連
  • 活動紹介 フードバンク関西が昨年から取り組んでいる新しいプロジェクトで、4つのNPOが連携して、貧困な母子家庭支援のためのネットワークを作っています。女性と子供支援のNPOは、母親の生活、就労支援、子どもの学習支援を担い、古着のチャリティショップを営むNPOは、母親の就労訓練の場を提供すると共に3か月に一度母子の衣服を無償提供しています。当法人はフードバンク活動で扱っている食糧を月1回宅配便で発送しています。貧困の中で一生懸命に生活再建に取り組んでいる母子世帯に多面的な支援をして、一日も早い自立へ向けて応援します。
    更新日:2016年8月4日

認定特定非営利活動法人フードバンク関西への評価

まだ評価がありません。