夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
団体と企業の交流

一般社団法人こどもスポーツ支援協会

(イッパンシャダンホウジンコドモスポーツシエンキョウカイ)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 白石 亜矢子
  • 担当者名(カナ) シライシ アヤコ
  • 郵便番号 183-0057
  • 住所(都道府県) 東京都
  • 住所(市町村区) 府中市晴見町1-14-15
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) エスペランサ1F
  • 電話番号 050-5308-6073
  • 内線番号
  • FAX番号
  • HPアドレス http://kodomo-sports.jp
  • 受賞歴
  • 登録日 2016年10月6日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 「夢は、平等。」~スポーツで、夢を見つける場所づくり~
  • 支援対象 就学前の子供、小学生、小学生(低学年)、小学生(中学年)、小学生(高学年)
  • 支援要請メニュー 体育/運動支援、食糧の提供、又は食料の寄贈、場所・施設の提供、車両、運搬の協力
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 関東地方
  • 団体紹介 一般社団法人こどもスポーツ支援協会は「夢は、平等。~スポーツで、夢を見つける場所づくり~」の理念のもと、サッカーチームを中心に活動しています。昨今、都内でも無料塾や子ども食堂など広がりつつありますが、当社団ではこども達にスポーツで夢探しのきっかけとなる機会を提供し、家庭環境や経済的事情に左右される事なく、夢を抱いたこども達が夢を追い続けられるように、全力でサポートしている団体です。
    この活動を継続し、地域に根づかせることにより、貧困の連鎖を断ち切り、ひとり親家庭や貧困家庭の心の支えにもなり得ると考えております。
  • 支援方法 指導は元Jリーガーやその他一流アスリートに賛同して頂き、低額にて引き受けてもらっております。
    現在必要なものは、活動場所となるグランドや体育館などの確保におけるご協力、また現在集まっている約90名の会員のうち試合に出場する30-40名程の子供を送迎できる車(マイクロバス)が必要となっております。
    また、年数回行っているイベントや大会において必要となる食量や飲料もご支援頂けると有難いです。
  • 支援要請に向けた特記事項 ひとり親世帯や生活保護世帯のお子様を月会費などかかる費用全て無料で受け入れ、ユニフォームなども支給しております。その為、賛同企業様からの支援を依頼させて頂いております。府中市及び府中市教育委員会の後援を取得し、行政とも連携し、この府中市をモデルケースとして今後全国展開を目指し、活動中です。
  • 団体の所属スタッフ人数 6名~10名
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 多世代・地域交流型サッカーチームを通じた『こどものスポーツ支援』活動
  • 活動期間 2016年7月~
  • 支援メニュー 食糧の提供、又は食料の寄贈、衣類の提供、又は衣類の寄贈、その他の物品提供、又は寄贈、場所・施設の提供、車両、運搬の協力
  • 活動紹介 貧困家庭をはじめ子供達のコミュニケーション能力や身体機能の向上、親も含む成長期の「心の支え」を目的に、サッカーというチームスポーツ教室を地域の企業や行政、一流選手との協働により持続的に運営できる、新たなモデルを構築しました。
    ①多世代交流型サッカーチーム・・・府中市周辺地域の年中児~小学生90名、保護者
    ②地域交流型サッカー大会・・・府中市・多摩地域中心の年齢・所属チームに縛られない児童200名
    ③合宿・イベント
    このモデルケースを基に、全国展開を目指し、現在活動を他地域へも展開中です。
    更新日:2018年1月9日

一般社団法人こどもスポーツ支援協会への評価

まだ評価がありません。