夢を、貧困につぶさせない 子供の未来応援国民運動
  • 【子供の貧困対策 子供の未来応援プロジェクト】をシェアする
  • ツイートする
未来と子供をつなぐサイト - 団体と企業の交流

一般財団法人みらいこども財団

(イッパンザイダンホウジンミライコドモザイダン)

・評価数: (0)
・交流ユーザ数:0

プロフィール情報

  • 担当者名 谷山 昌栄
  • 担当者名(カナ) タニヤマ マサヒデ
  • 郵便番号 530-0004
  • 住所(都道府県) 大阪府
  • 住所(市町村区) 大阪市北区
  • 住所(番地、建物名、部屋番号) 堂島浜1-1-15 第二堂浜ビル
  • 電話番号 06-6344-3345
  • 内線番号
  • FAX番号 06-5866-4345
  • HPアドレス http://miraikyousou.com/
  • 受賞歴
  • 登録日 2016年11月11日

「支援の要請」内容

  • 活動テーマ 虐待で苦しみ児童養護施設で暮らす子供達を支援しています。
  • 支援対象 児童養護施設入居者
  • 支援要請メニュー 学習支援、体育/運動支援、就業、就労関連
  • 支援希望時期 通年
  • 支援希望エリア 全国
  • 団体紹介 虐待で苦しみ児童養護施設で暮らす子供たちが18歳になり社会でしっかりと生き抜く力をつけるための支援をしています。
    現在ボランティア160名、支援先施設14施設に毎週土日に10名単位で訪問して施設の子供たちと
    一緒に遊んだり、勉強をしています。
    継続して訪問することでまずは、子供達にこんな大人もいるということ、自分は両親と暮らせないけれど、20名、30名のお兄さんお姉さんがいると思ってもらうことで
    少しでも前向きな気持ちになってもらい、子供たちの背中を押してあげたいと思っています。
    同時に多くのボランティアが子供たちと触れ合うことで、様々なことを学び成長する場を作っています。
  • 支援方法 ①14の児童養護施設を定期的に、月に1度から2月に1度、必ず10名から20名程度のボランティア
    と一緒に訪問し、多くの子供たちと公園で体を使って、室内では工作をしたりして楽しく遊ぶ活動。
    ②学生ボランティアが中心になって子供たちに勉強を教えています。
    ③会社経営者が子供たちに向けて、仕事の紹介から仕事の楽しさ、夢を持つことの大切さなど
    ワークショップなども含めて約2時間程度の出張講座を行っています。
    ④年3回程度、遊園地に招待して多くの子供たちと一般のボランティアがふれあい、楽しい思い出
    を作っています。1度のイベントで約200名の参加者があります。
  • 支援要請に向けた特記事項 私たちは虐待で苦しむ子供たちが18歳になって一人で生きていけるための支援をしています。
    訪問先施設:関西14施設  ボランティア160名

    ①心のケアとして児童養護施設に定期的に訪問して一緒に遊ぶ人を募集しています。
    ②次に学習支援として、児童養護施設に訪問して勉強を教えてもらえる人を募集しています。
    ③職業体験として児童養護施設で仕事の話や体験をして頂ける企業様を募集しています。
  • 団体の所属スタッフ人数 31名以上
  • 支援要請イメージ

最近の活動状況

  • 活動名 グリーンマインドプロジェクト
  • 活動期間 2014年1月~2016年10月
  • 支援メニュー その他
  • 活動紹介 児童養護施設の子供達を遊園地に招待するプロジェクトです。
    目的は子供たちに楽しい思い出を作ってもらうこと
    参加者に虐待で苦しんでいる子供だいると知ってもらうこと
    そして、一緒に過ごした後は
    定期的に必ず施設訪問を継続します。1カ月から2ヵ月に一度子供たちに会いに行くことで
    子供たちとの心の絆を作り、虐待で傷ついた心のケアをしています。
    更新日:2016年11月25日

一般財団法人みらいこども財団への評価

まだ評価がありません。